addiction to funky

好きな音楽について書くかもしれません。

「l3jpn」アカウントについてのこと。

こんにちは。普段はDugem Risingというパーティにて、インドネシアのクラブミュージック「Funkot」でDJをしておりますAkiと申します。この度はどうしても皆様にお伝えしたことがございましてこの記事を書いております。

先日、Twitter上において突然このようなアカウントが現れました。

f:id:akifunkotsz:20181027053325j:plain

@l3jpn を名乗るこのアカウントは、
インドネシアのローカルダンスミュージックFUNKOT(ファンコット)や BREAKBEAT(ブレイクビート)の楽曲を現地DJ/REMIXERの正式な許可を得て日本で取扱い始めました。BOOTHやSTORESでDL販売しております。 Authorized by Golden Crown※1 DJ Team & L3※2
として、L3のリーダーであるWillyやUse、ジャカルタのクラブ「Golden Crown」のレジテントたちに許可を取った上で彼らの楽曲を日本人向けに販売していると謳っています。
僕はこのアカウントを見て、「最高だな、日本のFunkotシーンもいよいよいい感じになってきたな!」と思い、大変感動いたしました。
その夜、僕は以前より親交のあったL3チームのUseにこのようなメッセージを送りました。

f:id:akifunkotsz:20181027053515p:plain

シンプルに、「日本向けにストアを開いてくれてありがとう!」というメッセージです。
しかし、彼からの返信はこうでした。

f:id:akifunkotsz:20181027053554p:plain

「なんだそれは。私はそんなことは知らない。」
変だな、と思った僕は、TwitterアカウントとBOOTHのスクリーンショットを送りました。

すると彼からの返信はこのような感じ。

f:id:akifunkotsz:20181027095352p:plain

「ああ、解った。日本人の○○という人と数日前か、はたまた一か月前に会ったよ。」

※名前はあえて伏せさせていただきます。
話を進めていくと、Useはその○○という人物から日本人向けにトラックを売らないかという話を持ちかけられたようなことを話していました。

f:id:akifunkotsz:20181027053734p:plain

f:id:akifunkotsz:20181027053841p:plain

しかし、「こんなことになってるとは思わなかった」との発言。ちょっと胡散臭いな、とも思いつつ、「これ、買っても大丈夫なの?」と聞くと、「多分大丈夫だよ。」との返信。ひとまず胸を撫で下ろしていました。
その後「その○○って人はインドネシアに住んでいるの?」と興味本位で聞き返すも、返信が来ず。
しかし、その数分後、今度はLBDJS※3のオーナーで、Golden Crownでも時折プレイしているDJであり、更に多数のオーダートラックを抱えることでも知られるBeteことbToからメッセージが届きます。

f:id:akifunkotsz:20181027054109p:plain

「このアルバムについてなにか知らないか?」と聞かれたので、僕は、

f:id:akifunkotsz:20181027054205p:plain

「知らない。WillyとUseが日本人のために曲を売り始めたんじゃないの?」と聞き返すと、

「いや、彼らも驚いているんだよ。誰が勝手にL3の名を冠して曲を売っているの?」という返答。

僕もこのストアはL3、ひいてはWillyの許可のもと開設されたものだと思っていたため大変驚き、「Willyはなんて言っているの?」と聞きました。すると、

f:id:akifunkotsz:20181027054428p:plain

f:id:akifunkotsz:20181027054431p:plain

「Willyはすごく怒ってるよ。彼(○○)は勝手にL3のレーベルを使って金を得てるんだ。せめてWillyにはこのことを話すべきだったんだ。」
「もうひとつ、私はどこから私のオーダー曲が流出したのかわからなくて困惑しているよ。(今BOOTHで売られている)Loca Loca db (Willy L3 2017)は私の曲なんだ。」
との事。僕はびっくりして、「貴方は○○という人を知ってる?」と聞くと、

f:id:akifunkotsz:20181027095810p:plain

f:id:akifunkotsz:20181027095901p:plain


との返事。さらに彼から「○○の事を知っている?」と聞かれましたが、僕は当然知りません。
彼は続けてこう言いました。

f:id:akifunkotsz:20181027054612p:plain

「これは本当に良くないことだ。彼(○○)はL3の名を彼らの利益のために使ったんだ。」
と。これはただ事ではないな、と思っていたとき、L3のリーダー、Willyからのメッセージが…

「アキ、聞きたいんだけど○○って人の事を知らないか?」

f:id:akifunkotsz:20181027100023p:plain

f:id:akifunkotsz:20181027054806p:plain
「私はこの件については知らないんだ。とても混乱してる。」というメッセージです。
当然僕は○○さんについては知らないため、Useから彼の名を聞いたことを伝えました。

 

f:id:akifunkotsz:20181027055056p:plain

f:id:akifunkotsz:20181027103248p:plain

Aki:「僕はあなたとUseが日本人のためにストアを開いてくれたのだと思っていました。」

Willy:「私は日本でストアを開設したことはないし、○○という人物とこのことについて話し合ったことすらない。」
「これはきっとミスなんだ。」
「L3 Rmxに関する事はすべて私と話し合わなくてはならないはずだ。なぜなら私がL3 Rmxのリーダーだから。」
との事。

 

ここまでの事をまとめると、
・Useが○○という人物と会い、曲を売ってもいいという契約をした(?)
・しかしそのことはL3のリーダーであるWillyには伝わっておらず、更にはどういうわけかGCでもプレイしているDJであるbToオーダーのトラックまで無断で売られていた。
・WillyとbToは件について憤慨している。
ということになります。

 

大変なことになってきた、と思っていると、このタイミングでUseから返信が返ってきます。ここは○○の個人的な情報なので乗せませんが、なぜ彼はあなたの曲を持ってるの?と尋ねると、

f:id:akifunkotsz:20181027055430p:plain

「彼には10~15曲ほど渡したけど、なぜあんなにたくさん持ってるのかは知らないんだ。」

これがもし本当にあれば、Useは○○に販売用に十数曲渡したが、彼はそれには含まれない、個人的に収集したコレクションを売っているということになります。

f:id:akifunkotsz:20181027100254p:plain

また、Useは○○に「L3のブランドを使いたいならWillyに話を通さないとダメだ。」と話したと言っていますが、これまでの話が事実であれば、この忠告を無視しWillyに無断でL3の名を騙りアルバムを販売したということに他なりません。

 

勿論彼らの言っていることが全て正しいとは言い切れませんが、少なくともWillyのトラックやbToのトラック、またL3メンバーのトラックが許可なしで販売されていることは間違いないといえます。私としてはこのストアからアルバムを買うことは推奨いたしません。購入を考えられておられる皆様には是非この記事を読んだうえでご一考いただけると幸いでございます。

 

脚注

※1 Golden Crown … Funkotの現地、インドネシアジャカルタに存在するクラブ。ジャカルタでは最後となったFunkotがプレイされるクラブとして日本人の好事家の間でも有名なようだ。現在はホールという最も大きなフロアでのプレイは中止されているが、カラオケルームと呼ばれる小部屋では依然としてプレイされている模様。主要なDJはBudi、Willy、Useなど。

※2 L3 … Level#3 Remix。Willyを筆頭としたインドネシア人のRemixer集団。近年、勢いのあるトラックメイカーを地域問わず多数勧誘しており、現在現地で最もクオリティが高いリミキサーを擁しているチームといっても過言ではないだろう。

※3 LBDJS …最初はDJスクールとして開始され、現在はインドネシアのFunkot/Breakbeatの大型コミュニティと化している。近年はFunkotやBreakbeatをCDとしてアルバムで流通させるなど積極的に活動している。

 

※各プライベートメッセージのスクリーンショットは掲載許可を得ております。無断転載は控えていただけると嬉しいです。

Japanese Funkot Sampler 2018

Japanese Funkot Sampler 2018と称して、2017~2018にかけてリリースされた国産でも新しいFunkotトラックでミックスを録ってみました。最近は国内のFunkotシーンやそれを取り巻く環境の変化もあり、また現地の進化したサウンドを積極的に取り入れるリミキサーが増えたこともあって国産トラックもまた現地とは違った面白さ・多様性が出てきたのではないかと思います。一曲づつ解説や特設ページ・クロスフェードへのリンクを付記しますのでFunkotに興味がある方は是非ご覧になってください。

 

1. DJ Take - Yue Ban Xiao Ye Qu [DUGEM ADVANCE COMPILATION 01] https://dugemadvance01.tumblr.com/

マンダリンの選曲に定評のあるDJ Take氏によるマンダリン曲のRemix。原曲の哀愁感を生かしつつ、近年の955的なサウンドを感じさせるアシッド・スクリーチを生かしたトラックにTake氏の持つ元来のいなたさが加わり絶妙なトラックに仕上がっています。

 

2. ned - Listen To Your Heart [Unreleased]

Roxette - Listen To Your Heart」(のDHTによるカバー)ネタ。ned氏は元Happy Hardcore DJで、この曲も現地ライクなサウンドながらも色々なところにハピコア的なエッセンスを感じられるトラックだと思います。イントロが終わった後のカットアップされたパッドが非常に気持ちいいです。

 

3. JMBS - Popcorn 2018 [JMBS SINGLE COLLECTION VOL.8] https://soundcloud.com/jmbs/jmbs-single-collection-vol8-xfdae-demo
(Also available on Bandcamp : https://jockiemastabasssuama.bandcamp.com/album/jmbs-digital-ep-02)

Japaneseレジェンドの一人、 Jockie "MASTA BASS" SuamaことJMBS氏による「Popcorn」のリミックス。(恐らくRavers Choiceネタ?)JMBS氏のトラックは非常にポップな印象を受けるトラックが多いですが、この曲も例にもれず非常にポップでダンサブルなトラックに仕上がっています。

 

4. TieSHOW - The Decisive Battle [TieSHOW's Funky Collect 1] https://soundcloud.com/t13sh0vv/tieshows-funky-collect-1-crossfade

FINAL FANTASY VIより「決戦」のRemix。シンプルなRemixですが原曲のメロディの良さを引き出したRemixだと思います。Sytrusのサウンドはどことなくオールドスクールな雰囲気を含んでいるのでこういったゲームミュージックのリミックスには非常に合うなと感じました。

 

5. DB SASUKE - Side A [忍法伝承盤 巻ノ陸] https://soundcloud.com/ninja-remixing/maki6

Famous Pianoとして有名なRave頻出ネタ、「Sterling Void - Don't Wanna Go」をサンプリングしたHappy Hardcore「Raver's Choice - Loving You Is Easy」ネタのトラック。955サウンドに影響を受けたと思わしきアシッドが暴れまくる中、途中でHappy Hardcoreになってしまうという強烈なトラック。国産ならではの面白さを感じさせるトラックではないかと思います。

 

6. N4OKI - God Is A Girl [DUGEM ADVANCE COMPILATION 01] https://dugemadvance01.tumblr.com/

Funkotでは定番ネタとなっておりアンセム化している「Groove Coverage - God Is A Girl」ネタのトラックです。いわゆる「ジャイポン」と言われるインドネシア土着の打楽器を用いたスタイルのダウンビートに、けたたましいシンセの音が入るのが気持ちいいです。また近年のダウンビートにありがちなBPMの二段階変化(例:100→130)を取り入れた先進的な国産トラックでもあります。

 

7. Aki - Megamix Imbroglio [DUGEM RISING COMPILATION 2] https://soundcloud.com/jmbs/dugem-rising-compilation-2-xfd

私がDUGEM RISINGのコンピ用に作ったトラックです。前半はユーロダンスなどのクラシックス・後半はEDMなどのフレーズを用いる構成になっています。(が、ダウンビートで繋いでいるため後半しか使っていません。)構成的にも後半には特に近代的なダウンビートの構造を盛り込めたので良かったなと思いました(?)

 

8. KazuyaP - Black Lobster [DUGEM RISING COMPILATION 2] https://soundcloud.com/jmbs/dugem-rising-compilation-2-xfd

Funkot界の奇術師、KazuyaP氏によるオリジナルHardfunkトラック。ブレイクのギターの気持ちよさは勿論、各パートで鳴っているサウンドの音作りが精巧で非常に気持ち良く、フロア映えするトラックになっています。

 

9. Liet - Voodoo Vox 2017 [Funky Impulse '17] https://ekselsior-rec.bandcamp.com/album/funky-impulse-17

RISINGチームの新世代でチームメイトでもあるLiet君のトラックです。Funkotクラシックスの名曲でもあるAndy - Voodoo Vox 2010のリメイクトラックです。非常にApin 17をリスペクトしたサウンドでリメイクされており、その完成度は必聴です。

 

10. PowderCheese - Kick Bass Strikers [PowderCheese Tiny Works] https://soundcloud.com/ion_voltex/m3-2018powdercheese-tiny-works-xfd

955的なエッセンスを感じさせるACIDYなイントロから、Hardtekになるという飛び道具的なトラックです。ビルドアップのPhat Bassの刻みやアーメンの入れ方が非常に気持ち良い。こういったHardtekの要素を含んだトラックは日本でHardtek・Breakcore・Funkotを打ち出しているWHATEVER WAVESが開催されて以降顕著に表れるようになったと思います。シーンを取り巻く環境の変化がトラックメイカーにも影響を与えた良い例なのではないかと思います。

 

11. Shisotex - Color Of Love 2017 db [Free Track] https://twitter.com/shisoworld/status/945605194280083456

国内トップクラスのリミキサーShisotex氏による「The Reese Project - The Colour Of Love」のRemix。原曲のハウシーな(というかハウスですが)雰囲気を崩さずにTekstyleに落とし込んだダウンビートは流石としか言いようがありませんね。またイントロ・アウトロのFunkotパートのミックスダウンが他のFunkotトラックとは少し異なっており実験的な要素も感じられます。

 

12. Aki - We Go Walk [distant funky dreams] https://akicd001.tumblr.com/

私のソロアルバムに収録した少女終末旅行「動く、動く」ネタです。いわゆるLiving Mirage的なサウンドに憧れて制作したのですが少しオリジナルすぎたかもしれません。

 

13. Yasuetti - Denpasar Moon 2018 [DUGEM ADVANCE COMPILATION 01] https://dugemadvance01.tumblr.com/

山梨の新進気鋭トラックメイカー、Yasuettiさんのトラックです。シンセ・構成・ビートの刻みなど、近年のWilly、Useに代表されるLBDJS的サウンドに影響を受けた後のNoX2氏の影響を強く感じる一曲です。Big Room Houseのキックが鳴り響くブレイク(現地ではFloatingと呼ばれています)のテッキーな感じがとても心地よくダンサブルに感じます。切なげな「Maribeth - Denpasar Moon」のボーカルにサウンドがマッチしていて素晴らしい。

 

14. Liet - All Of Me 111 [Unreleased]

先述したLiet君による「John Legend - All of Me」ネタのトラック。これもFunkotでは数多のリミックスがあるアンセムトラックです。Willyによる名RemixをベースにLBDJS的な近代的なサウンドを取り込んだ正に2018といった感じのトラックに仕上がっています。

 

15. N4OKI - Three Star Short [Free Track] https://soundcloud.com/gominagi/preview

 「God Is A Girl」と同じN4OKI(RISINAGI)氏のトラック。アイドルマスターシンデレラガールズの楽曲「本田未央 - ミツボシ」ネタです。非常に現地トラックをリスペクトしたサウンドなFunkotパートから一転してJ-Core的なサウンドになる構成は氏ならではといった感じです。

 

16. tomatoism - #boku_no_friend [Free Track] https://soundcloud.com/tomatoism/bokunofriend

普段はBreakcore・Future Bassなど多岐に渡るジャンルを制作してるトラックメイカー・tomatoism氏のFunkotトラック。けものフレンズ「ぼくのフレンド」ネタ。ビートの刻みなど、Funkotをよく研究して作った事がわかるトラックです。イントロのボーカルシンセなど、Funkotオンリーのトラックメイカーにはない発想が面白い。こうしたクオリティの高いトラックが国内のFunkotメインではないトラックメイカーから出てくることは、国内Remixerのクオリティの向上・また現地トラックのCDなどによる流通の成果でもあるのではないでしょうか?

 

17. totsumal - Cloisters [忍法伝承盤 巻ノ陸] https://soundcloud.com/ninja-remixing/maki6

NINJA REMIXING所属、そしてRISINGチームの大先輩でもあるtotsumal氏によるトラック。Jockie Saputraを意識したようないなたいビート、太いベースラインに乗せて奏でられるエモーショナルな音色は独特な雰囲気を醸し出しています。Funkotの持つチルな一面を大いに引き出したトラックだと思います。

2018 M3春でリリースされるファンコット新譜のまとめ #funkot

f:id:akifunkotsz:20180421225719j:plain

2018年4/29日に開催される同人音楽即売会「M3」にて今回もFunkotの新作音源が多数頒布されるようです。

 

DUGEM RISING(第一展示場  M-11b)

JMBS SINGLE COLLECTION 8 - 1000円

忍法伝承盤 巻ノ陸 - 2000円

Aki - distant funky dreams - 1000円

Various - AkiDJ™️ Requested -  2000円

JMBS Digital ARCHIVE 2018 - 1000円

【旧譜】DUGEM RISING COMPILATION 2 - 2000円

【旧譜】​JMBS SINGLE COLLECTION VOL.7 - 1000円

【旧譜】JMBS SINGE COLLECTION PACK (1,2,3)、(4,5,6)- 各3000円

 

大日本ティッケー軍 (第一展示場 M-03a)

CLASSIC FUNKY PARTY - 1000円

DUGEM ADVANCE COMPILATION 01 - 1500円

TieSHOW's Funky Collect 1 - 1000円

【旧譜】KoumeChangSet - 1000円

【旧譜】DUGEM ARMS 2017 - 1000円

【旧譜】S.B.D. EXTRA - 1000円

 

LOLISTYLE GABBERS (第一展示場 P-15b)

Cinderella Beats 2 - 1500円

JK Singles 5 - 1800円

 

Jaxalate Records (第一展示場 O-04a)

J - 1000円

※Jockie "MASTA BASS" Suama - Just Come Back 2 Me 収録

 

F.P.S. (第一展示場 O-06a)

 F.P.S PARTY SELECTION

 

Gotta2Records&Wakaru Records (第一展示場 P-01a,b)

Gotta2 otoMAD Music Collection vol.3 - 500円

※阿吽 - Pumpin' Junkies (Funkot Remix) 収録

Unbinding Compilation - 500円

※FdL_fk - クンナ・ダッシュがカレーの作り方を教えてくれるだけのFunkot 収録

【旧譜】Gotta2 otoMAD Music Collection vol.2

※阿吽 - Syugyo 収録

【旧譜】Funkot New Faces DL Card - 300円

 

dat file records (第一展示場 Q-02b)

CardinalFoundation:05 - 1000円

※FdL_fk - Sakura Reflection RMX (2018 Re-Work) 収録

 

ああ...翡翠茶漬け... (第一展示場 R-31a)

あじたま見聞録 - 1000円

※モリモリあつし - Map of Road Island (FUNKY MRM RMX) 収録

 

幻想庭園 (第一展示場 N-24a)

肉食東風炎舞 - 800円

※TAROLIN vs Spire - RANSEN SHANG-HIGH BANQUET -Kubus Hardfunk Remix- 収録

 

Bitplane (第一展示場 E-13b)

USA Funkot Girl EP - 1000円

 

Unison Code (第一展示場 L-01b)

PowderCheese tiny works - 500円

Funkot Classic Tune Mix

「Funkotパーティでアンセム化しているネタ」「現地で大流行したネタ」「イントロなどによく使われる定番のネタ」などにフォーカスしたミックスを録ってみました。パーティにまだいったことがなくてこれから行きたいな~って人はこれを聴いておくと現場で楽しいかもしれません。ほぼ全曲早繋ぎで繋いで短めにまとめたのでお手軽に聴けると思います。

↓トラック+ネタリスト

1. Yana - SMS

2. Dealy - Buka Dikit Joss

 -2:53~ Stereo Love

 -3:12~ Kucing Garong 

3. KMI - Sakitnya Tuh Disini

 -8:53~ Booyah

4. Andy - Cinta Satu Malam

 -10:07~ Miracle

5. Sandy - Phat Bass Bailar

6. Apin 17 - Bara Bara Bere Bere

7. Dealy - Macarena

8. Y2nk - Faded

9. Shisotex - Indi Pow

 -26:46~ Danza Kuduro

10. Willy L3 - Lembang

11. Dealy - River Flow

 -31:23~ Alaska

12. Ronny - I Like It Loud

13. Nattalia - Fujin

14. Andrew Lee - Wo De Hao Xiong Di

Aki & Liet - Wo Xiang Dui Ni Shuo Baby db

 

Wo Xiang Dui Ni Shuo Baby db | Ekselsior Rec.

 

春M3でリリースしたLiet君との合作トラックがBandcampでリリースされました。カッコいいので是非買ってくださいね。

M3参加物まとめ

今回は珍しくM3で参加作品があるので紹介します。

 

Ekselsior Rec. (第一展示場 K-10b)

Funky Impulse '17 - 1000円

01 Liet - Voodoo Vox 2017
02 Liet - Real Freaks 2017
03 Yasuetti - SS400
04 Liet - Retrospective Revised
05 Aki - Bam Uchi
06 Liet - Megamix Impatience 2017 db
07 Liet - Neverending
--
Bonus Track 1 - Liet - Blue Bird v2 (short mix)
Bonus Track 2 - Liet - 99 Nights 2016 v2 [dj.c+Nliya] (short mix)
Bonus Track 3 - Liet - Radio Happy 2016 db v3 [CREADEL] (short mix)

DUGEM RISINGのチームメイトでもあるLiet君主導のインストFunkotアルバムです。僕は5曲目のBam Uchiというトラックで参加しています。UKハードコアネタというかハードハウスネタというかそういう感じです。

 

ALRD EP - 500円

01 Aki - Plutinum Bailar
02 Liet - Kopi Dungdut 2017
03 DAI-NAGON feat. Aki - Computer Melody 2017
04 Liet - Yue Guang 2017 [DAI-NAGON] (short)
05 Aki & Liet - Wo Xiang Dui Ni Shui Baby db
06 REJi - Dreamer's Sound
07 Aki - Natsu Wo Matte Imashita

「Aki, Liet, REJi, DAI-NAGONからなるALRD™によるリミックス物コンピレーション」です。アニソンからマンダリンまで色々な曲のリミックスが7曲入ってます。僕は1、7曲目と5曲目はLiet君との合作で参加してます。

7曲目です。夏がテーマの曲を詰め込みました。瑠璃の鳥は別に夏は関係ないんですけど好きなので入れました。

 

LOLISTYLE GABBERS (第一展示場 H-14a)

WHATEVER WAVES COMPILATION - 1500円

1.Lieber Bitter SampLinger - Re-Construction Ex.002
2..kom - Bong o doli
3.Strez - Speed Vox
4.goreshit - incessant smiles
5.DJKurara vs pencil - Awesome Great Music
6.Gugun 955 - Gas
7.Jockie "Mastabass" Suama - SOX PARTY
8.Aki - 3 Ways to Fly In The Sky
9.DJ Kubus - Little Plum Megamix 207
10.虚空戦士 - Deus lo vult
11.すてらべえ - Hyper Gochamaze Breakcore
12.V.A. - OUTRO

Hardtek、Breakcore、Funkotの3ジャンルにフォーカスしたパーティ 「WHATEVER WAVES」のコンピレーションアルバムです。僕は8曲目「3 Ways to Fly In The Sky」で参加してます。

 

 

2017年春M3でリリース予定の #Funkot 音源まとめ

DugemRising (第一展示場 H-03b)

JMBS SINGLE COLLECTION VOL.7 - 1000円

JMBS SINGLE COLLECTION PACK (1,2,3)、(4,5,6)- 各3000円

【旧譜】JMBS EXTRA ARCIVE 2016 - 1000円

【旧譜】DUGEM RISING COMPILATION 1 - 2000円

【旧譜】メグデミナ - 1000円

NINJA REMIXING TEAM - 過去作品各種

 

DDB & SoundTeam,LORB (第一展示場 I-24a)

Richiter Original Funkot EP01

DJtagosaku Single Collection Vol2

DJ ned氏のダウンロードカード

 

大日本ティッケー軍 (第一展示場 K-10a)

DUGEM ARMS 2017 - 1000円

KoumeChangSet - 1000円

ANIL PRODUCED [DLCard Var] - 1000円

【旧譜】Kubus Archives 1701 - 1000円

【旧譜】Cinderella FunkyHouse Collection 1 - 500円

【旧譜】MAGICAL REMIXING 3rd Compilation - 1000円

 

Ekselsior Rec. (第一展示場 K-10b)

Funky Impluse '17 - 1000円

ALRD EP - 500円

 

F.P.S. (第一展示場 G-19b)

ruu_synthesizer/monja single collection - 1000円

ruu_synthesizer Funkot Tracks Vol​.​1 - 300円

 

LOLISTYLE GABBERS (第一展示場 H-14a)

Cinderella Beats - 2000円

Aikatsu Funky House 2 - 2000円

WHATEVER WAVES COMPILATION - 1500円

※Gugun 955 - Gas, Jockie "Mastabass" Suama - SOX PARTY,

Aki - 3 Ways to Fly In The Sky, DJ Kubus - Little Plum Megamix 207 収録

【旧譜】Aikatsu Funky House - 1500円

【旧譜】Gugun Single Collection - 1500円

【旧譜】Endro Chan Single Collection - 1500円

 

dat file records (第一展示場 K-24b)

CardinalFoundation:04 - 1000円

※りす - All That Lives Must Die (XD2k Funkot Remix) 収録

 

ぷにぷに電機 (第一展示場 I-21b)

ときめき相対性原理 - 1000円

※DJ KUBUS - こ・い・ぶ・み~南国GABBAmix~ 収録

 

ALLKORE (第一展示場 I-09b)

UNDERGROUND TECHNO 〜洞窟レイブ〜 - 1000円

※totsumal - Terry Falls 2017 収録